格安航空券を使うメリットは?

index-120

格安航空券は料金が安いとはいっても、利用時期・時間を間違えてしまうと損をする可能性があります。平日の閑散期の早朝・深夜便がもっとも安く利用できますが、チケットの完売には注意しておきましょう。また、搭乗日の1ヶ月前には売り切れてしまうこともありますので、1日でも早く予約することが大切です。

航空業界の規制緩和などにより、様々な格安航空会社が設立されました。今までのJALやANAと異なっている点が多々見受けられますが、格安航空券にはどのようなメリットがあるのでしょうか。格安という言葉から、少々不安を感じてしまう方も中にはいますが、実は非常に多くのメリットがあります。このため、飛行機を利用する際は格安航空券も検討するのが良いでしょう。

まず挙げられるのが料金の安さです。飛行機は運賃が高い、というイメージを持っている方も少なくありませんが、これは各種サービス料金、燃料サーチャージなど、運賃以外にも様々な費用が上乗せされていることによります。往復で5万円・10万円かかるケースも決して珍しくありません。

しかし格安航空会社の場合、サービスなどを極力省き、JALやANAの国内線の半額以下で利用できることが多くなっているのです。大手は往復割引を導入していますが、格安航空券は片道でも割安のため、気軽に利用できるのが特徴と言えます。割引率は平均50%で、路線によってはそれ以上の割引を受けられます。

滞在日数など、制限が緩い点も魅力と言えるでしょう。大手航空会社では、チケットごとに最低滞在日数などの制約が設けられており、場合によっては気軽に利用できません。一方、格安航空券は片道ごとに料金が計算されるため、このような制限がいっさい無いのです。滞在期間に左右されないことから、短期滞在から長期滞在まで、どんな日程でも利用できるのがメリットとなります。

▼管理人厳選サイト
JAL・ANAの国内線は格安航空券がお得

海外へ行く時に飛行機を格安で利用するには

海外へ行く際は飛行機を利用するのが一般的です。ゴールデンウィークなどの大型連休や、年末年始を海外で過ごす方は決して少なくありません。毎年数百万人の方が海外へ旅行し、観光地を巡ったり、現地のグルメを楽しんだりしています。

しかし、国際線は料金が高いと感じている方も多いのではないでしょうか。中々手が出せない運賃設定の場合もありますし、家族数人で行くとなると、費用も決して安いものではありません。海外へ行く際に飛行機の運賃を少しでも抑えたいなら、航空会社を慎重に選ぶことが重要です。

まずJALやANAなどの大きい会社を利用する場合、割引serviceを活用してみましょう。例えばANAであれば、旅割や特割という割引サービスを提供しています。いずれも運賃が大幅に割引される点が特徴で、予約日が早ければ早いほど大きな割引を受けられます。利用する路線にもよりますが、費用を大幅に削減できるでしょう。

ただ、大手航空会社の割引サービスは取消手数料が発生するため、キャンセル時には運賃の数割を支払う必要があります。予約が早いほど割引率も高いですが、万が一予定が変わってキャンセルが必要になった場合、手数料を請求されるので注意しましょう。ほとんどの場合、キャンセルが遅れるほど手数料も高くなります。

もう一つ、飛行機を格安で利用する方法があります。格安航空会社です。LCC(ローコストキャリア)とも呼ばれており、国内線・国際線ともに複数の会社が路線を運行しています。大手では無料のサービスが有料であったり、振り替えが無いなどの欠点も存在しますが、運賃は非常に安く、大手の半額以下で利用できる場合もあるのです。運賃を抑えたいなら、利用を検討してみると良いでしょう。

例えば往復運賃が10万円の路線の場合、LCCとかなら往復5万円で利用できることがあります。時期や路線によっては更に割引率が高く、70%以上割り引かれるケースもあるのです。片道単位で運賃が計算されているため、片道のみの利用でもお得になります。例えば往路はlccを利用し、復路はJALやANAを使うなども可能です。

飛行機を格安で使う方法は、大手の割引サービスを、あるいは格安航空会社の利用が一般的になっています。ただし、大手と格安航空会社ではサービス内容や料金が大幅に異なりますので、どちらを優先するか検討してから選びましょう。サービス優先なら大手を、料金優先なら格安航空会社がおすすめです。

格安航空券で注意したい有料サービスとは

格安航空券は航空運賃の安さが最大の魅力です。一般的な飛行機のチケットと比べ、50%以上安く購入できます。時期や路線次第では70%オフも珍しくはなく、旅費を節約したり、他のことに充てたりすることが可能になります。少しでも費用を抑えたい場合や予算が限られている場合は、大手ではないところの利用を検討してみると良いでしょう。

しかし、一方で欠点もあります。運賃は非常に安くなっていますが、サービスの大半が有料になってしまっている点がネックとなります。格安を売りにしているため仕方ありませんが、一般の航空券では無料のサービスも、格安航空券ではほとんどが有料です。このため、機内サービスなどの利用時は注意が必要になるでしょう。

どのようなサービスが有料かは航空会社次第ですが、大半の格安航空会社では、機内食を有料にしています。通常の飛行機なら、エコノミークラス以外は無料で提供されますが、格安航空会社を利用した場合、料金が発生することもあるので注意しましょう。ただ、機内食の提供料金自体は安いですし、利用しなくても問題はないです。

飲み物も有料で提供している場合があります。JALやANAなどはクラスによってドリンク類・アルコール類を無料提供していますが、格安航空会社はソフトドリンクも有料です。しかし、ジェットスターのように飲み物を無料で提供している会社もあります。いずれにせよ、利用前にしっかりチェックしておいたほうが良いでしょう。短時間のフライトでも、飲み物が欲しい場合は注意が必要です。

毛布など、機内のレンタル品も一部が有料となっています。ただし、品目ごとに有料・無料の判断が異なるだけでなく、格安航空会社によっては無料で提供しています。寒い時は毛布を利用したり、仮眠を取る際はアイマスクを使用することも珍しくありませんが、気になる方は料金が発生しないか事前に確認しておきましょう。しかし、有料とはいっても料金は安く、例えば毛布なら1000円ほどでレンタルできるのが一般的です。

他にも預け手荷物が(カウンターで預ける物)が別料金など、有料のサービスは様々あります。逆に考えると、不要なサービスを利用せずに済むため、費用の大幅節約に繋がるのです。また、格安航空会社によって有料・無料の判断が分かれています。いずれにせよ、全てのサービスを利用しない限り、通常の航空チケットを購入するよりも安く済むでしょう。

格安航空券を購入する際に気を付けたいポイント

格安航空券は料金の安さがポイントです。しかし、同じ路線でも航空会社によって実際の運賃は変わるため、慎重に選ぶことが重要になります。どの航空会社を利用するかで迷うことも珍しくありませんが、どんな点に気を付けて選ぶべきでしょうか。

最初にチェックしておきたいのは搭乗日です。格安航空券は日によって大幅に料金が変わることも珍しくありません。通常は平日のほうが安くされており、土日や祝日は料金が高くなっています。料金が片道数千円変わることも多々ありますので、とにかく運賃を節約したい場合は注意が必要になります。往復で利用した場合、運賃に大きな差が付いてしまうでしょう。

繁忙期と閑散期で料金が変動するため、利用する時期にも気を付ける必要があります。行楽シーズンなどは大手も割り増しになりますが、格安航空会社も例外ではありません。少しでも安くしたい場合、搭乗日や日程をずらすことも検討したほうが良いでしょう。1日ずらすだけで運賃が安くなる場合もあるためです。

搭乗日を決めたら何時の便を利用するか決めておきましょう。格安航空会社によっては、同じ路線で1日に何便も運行しているケースがあります。特に早朝や深夜便は安くなる比率が高くなることも多く、料金を更に節約できるチャンスです。現地でゆっくりしたい場合は早朝便、逆に夜発ちたい場合は深夜便を検討してみてはいかがでしょうか。

予約は早めに済おわらせましょう。格安航空券の場合、予約する時期が早いほど割引率も高く、料金が安くなる性質を持っています。早めに予約する場合と直前予約の場合では、数千円も料金が変わることがあるため、飛行機をつかう日程が決まったら、すぐ予約しても良いでしょう。搭乗日が近づくほど、徐々に料金が上昇していきます。

しかし、格安航空券は利用者も多く、すぐにチケットが完売してしまうケースが度々発生します。中でも利用者の多い路線は人気が高く、気付いた頃には売り切れている場合も珍しくありません。特に国際線は格安航空券利用者が多いため、早めに予約を済ませることをおすすめします。

格安航空券購入前に確認しておきたいこと

格安航空券は価格の安さが特徴で、正規運賃の50%~70%オフで利用できないです。しかし、購入する前に確認するべきポイントもいくつかあります。確かに価格は安いですが、通常の航空券とは異なるルールがあるため、注意しておきましょう。

まず格安航空券ではオーバーブッキングが少なからずあります。オーバーブッキングとは、座席数以上に予約を取ってしまう現象で、飛行機では度々起こります。例えば座席が100席ほどの便に対し、110件の予約が入ってしまった場合、10件ほど過剰な予約状態になっています。格安航空券ではこのような現象が起こってしまうため、早めの予約が必要になるのです。予約が遅くなると、別便への案内やキャンセル待ちなどになる可能性があります。

次に払い戻しの有無も気を付けておく必要があります。通常の航空券では、払い戻しも可能になっていますが、一般的な格安航空券の場合は払い戻しが不可能です。もし予定が変わって払い戻しを行いたくなっても、受け付けてもらえないことがあるので気を付けましょう。確かに運賃が格安なものの、払い戻しを受けたい場合は普通航空券の利用も検討が必要です。

経路変更も不可能な場合があるので注意しましょう。予約後は経路を変えられないため、事前にどの空港を利用するのか、どの空港を経由するか検討してから予約することが大切です。予約時もスケジュールをチェックしておき、利用便に間違いがないようにしましょう。払い戻しも難しいため、間違って予約しないよう注意が必要になります。

もう一つ確認しておきたい点が、運行する航空会社が決まっているか否かです。格安航空券の中には、運行会社が未定のまま販売されているチケットも存在します。特に半額以下で販売されている格安航空券の場合、まだフライトスケジュールが決まっていないケースもあるのです。搭乗日の直前まで未定になっていることもあるため、運行会社未定のチケットは慎重に予約しましょう。フライトキャンセルは滅多にありませんが、安心感が大きく違います。

一般的な航空券とは異なり、オーバーブッキングが起こったり、経路変更、払い戻しに関するルールが設けられていたりと、格安航空券は少々特殊なチケットと言えます。フライトスケジュールが定まっていないケースもありますが、これらを差し引いても料金の安さはメリットです。気軽に旅行したい場合、利用を検討してみてはいかがでしょうか。